本文へ移動
ワークショップ開催中!!
 

詳しくはこちら!
 
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2021年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館日
  sakumo (サクモ) 
 佐久市子ども未来館

〒385-0022
長野県佐久市岩村田
1931-1
Tel. 0267-67-2001
Fax. 0267-67-2731



【指定管理者】
(一社)佐久市振興公社  

【関連施設】
山荘あらふね
国民宿舎もちづき荘
春日温泉ゆざわ荘
プラザ佐久
布施温泉
穂の香乃湯
駒場公園
佐久平交流センター
0
0
4
3
4
5
2
3
7

サクモ佐久市子ども未来館からのお知らせ

【終了しました】はやぶさ2帰還カプセルを特別公開します。(10月15~19日)
2021-08-15
注目オススメ
(イラスト:池下章裕 氏)
sakumo 佐久市子ども未来館は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携し、「はやぶさ2」帰還カプセル等を展示する特別展示を2021年10月15日(金)~19日(火)の期間限定で特別公開します。

本企画はJAXAが発信した『小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル展示』協力団体公募の選考を経て開催が決定したもので、巡回展示をする施設は全部で21施設となります。巡回する施設の順番等詳しくはこちらをご覧ください。当館企画展示室にて「インスツルメントモジュール」「搭載電子機器部」「パラシュート」「背面ヒートシールド」「前面ヒートシールド(レプリカ)」 を展示します。

小惑星リュウグウへの6年の旅を終え、地球に帰還したカプセルの勇姿を、この機会にぜひご覧ください。
・見学方法
該当期間(10月15~19日のいずれか)の入館予約を行ってください。
予約開始はご来館予定日より14日前の17時からです。(例:10/15ご来館予定の場合、10/1 17時から予約が可能です。)
(ご予約等ご来館に際しての注意事項等はこちらよりご確認下さい。)

当日受付にて入館券をご購入後、サクモ体験工房にて整理券をお配りいたしますので、サクモ体験工房へご移動ください。

入館券発券開始時間
午前の部 9:00~、午後の部 13:00~

開館時間
午前の部 9:30~、午後の部 13:30~

見学時間
午前の部 
整理券A 9:30~、整理券B 9:50~、整理券C 10:10~、整理券D 10:30~、整理券E 10:50~、整理券F 11:10~、整理券G 11:30~、整理券H 11:50~、整理券I 12:10~
午後の部
整理券A 13:30~、整理券B 13:50~、整理券C 14:10~、整理券D 14:30~、整理券E 14:50~、整理券F 15:10~、整理券G 15:30~、整理券H 15:50~、整理券I 16:10~

整理券はお1人様1枚です。(4歳以上の方) (※3歳以下のお子様は整理券は必要ございません。)
お好きな時間帯の整理券をお選びください。
整理券番号で、見学出来る時間帯が異なります。上記時間をご参考ください。
1回の見学で最大30名様までご覧いただけます。見学時間は最大20分間です。
最大20分間の見学を午前の部・午後の部で、各9回行います。
※皆様にスムーズにご見学いただくよう、ご協力お願い致します。
※JAXAの規定上、録画・撮影等は禁止されていますので、ご遠慮下さい。

※プラネタリウムの投映時間と重なる時間帯がございます。予めご了承ください。
下記時間をご参照ください。

プラネタリウム投映時間
第1回目 9:50~10:20、第2回目 10:50~11:20、第3回目 11:50~12:20、
第4回目 13:50~14:20、第5回目 14:50~15:20、第6回目 15:50~16:20.

また、あわせてミュージアムショップでは「はやぶさ2」の関連グッズを多数取り揃えております。
この機会にぜひ、ご利用ください

展示品
インスツルメントモジュール

カプセル本体部分。リュウグウサンプルを入れておくため円筒状のサンプラコンテナ、ビーコンを発信するアンテナ、パラシュート等が収められていた。
搭載電子機器部

地球からの指令を受け取るなど、様々な役割を果たすカプセルの心臓部。着地時の衝撃に耐えるよう補強されていた。
パラシュート

強くて軽いポリエステル製の十字形のパラシュート。予定り上空約5kmで開き、十数分かけて着地した。
背面ヒートシールド

カプセルの進行方向反対側を守っていた。前面ヒートシールドと同じく降下中に分離された。背面ヒートシールドはパラシュートカバーと一体となっており、パラシュートを引き出す役割も果たした。
前面ヒートシールドの【レプリカ】

大気圏突入時の過酷な空力加熱にさらされており炭化層が露出している。フライト品は研究解析に資する必要があるため、今回はレプリカでの展示となる。
TOPへ戻る