本文へ移動
2021年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2021年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休館日
  sakumo (サクモ) 
 佐久市子ども未来館

〒385-0022
長野県佐久市岩村田
1931-1
Tel. 0267-67-2001
Fax. 0267-67-2731



【指定管理者】
(一社)佐久市振興公社  

【関連施設】
山荘あらふね
国民宿舎もちづき荘
春日温泉ゆざわ荘
プラザ佐久
布施温泉
穂の香乃湯
駒場公園
佐久平交流センター
0
0
4
3
0
8
3
1
9

理念

理念

サクモ佐久市子ども未来館は
体験やコミュニケーションを通して、こども達の未来をつくる力(自ら課題を見つけ出し解決していく方法や技術を、創造していく力)を育む施設
を目指します。

上記を達成するための4つのステップ
全て、主語は「こども達」です。

1.身の回りのもの・こと・人に目を向ける: 展示やプラネタリウムなどでの体験を通して、身の回りのもの・こと・人・自分自身に興味関心を持つ。

2.課題を見つける: 展示などに掲げられたミッション(課題)などを参考に、課題を見つけ出す。

3.課題を解決する方法や技術を創造する: ワークショップなどで考え、つくりだす。

4.創造したものごとを共有する、実践する: 館内に展示する、発表する、共有する、活動をする。


そのために、サクモはどんな場所であるべきか

・こども達の力を育む場 

その為に、スタッフは、体験とコミュニケーションを通して学んでもらう場をつくります。
こども達に「教える」のではなく、「問い」や会話を通して興味関心を促します。
また、こども達の話に耳を傾け、持っている力を引き出します。
 
・こども達が、それぞれの発想や創造力を発揮し、それらをお互いに楽しむ場 

その為に、スタッフは、こども達を「典型的なこども」として対面するのではなく、それぞれ、興味や経験の異なる「ひとりひとり」として向き合います。
こども扱いをせず「ひとりの人間」としてコミュニケーションをします。また、それぞれのこども達の力を見つけ出し、こども達同士に共有することで交流を促します。
 
・こども達が自由に想像し、のびのびと活動できる場 

その為に、スタッフは、こども達をよく観察し、どんな時でも、にこやかに臨機応変に対応をします。形式ばった対応や言葉ではなく、やわらかい言葉でコミュニケーションをします。
※もちろん安全管理は重要ですが、行為の結果だけではなく、なぜその行為をしたのか? ということにも目を向け、こども達の気持ちを想像した上で、声掛け等をします。
未然に防ぐことができるものは、準備をし、事前に対応します。
 
・スタッフや来館者同士が交流する場 

その為に、スタッフは、積極的に、こども達や大人の人達とコミュニケーションをします。
来館者のこども達は、一緒に、身の回りのものやことについて考える仲間であり、時にはサポートしてあげる存在です。こども達にとっては、家族や先生でもない、第3の大人の存在であるスタッフとの交流は重要です。
来館者の大人の皆さんにとっても、一緒にこども達を育む大人の存在は重要だと思います。
来館者の大人の皆さんは、一緒にこども達を育む仲間です。困った時は、ご協力いただくこともありますが、よろしくお願い致します。
TOPへ戻る